腰椎・頚椎の手術なら、脊椎手術に特化している志匠会へ

い り ょ う ほ う じ ん し し ょ う か い

医療法人 志匠会

受診に関するお問合せはこちら

03-5781-0700


 

⇒診療時間
 /アクセス(地図)等


業者の方は下記へお電話下さい
03-5781-0705

術式について

首(頸椎)の手術の術式について

椎弓形成術

頸椎の神経の通り道(脊柱管)を後方より5cm前後切開して拡げる方法です。

志匠会では、年間約400例ほどの頸椎椎弓形成術の手術を行っています。

前方固定術

頸椎の前方から椎間板ヘルニアを摘出するときや、神経の枝の通り道(椎間孔)を広げるときに用いられる方法です。

くび下がり現象を戻す(矯正する)ときや後縦靭帯骨化症摘出の時にも用いられます。

インプラント(「ケージ」と呼ばれています)を用いる方法が一般的です。

後方固定術(C1-2)

後方固定術

頸椎の不安定性を安定させるため、または首のカーブを正常に近づける(矯正固定)ために用いられる方法です。志匠会では年間約20例の頸椎後方固定術の手術を行っています。

志匠会では、頚椎症性神経根症や頚椎椎間板ヘルニア(外側型)に対して、短期入院の低侵襲手術、顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術(Microsurgical anterior cervical Foraminotomy:MacF)を行っています。

椎弓形成術の術式紹介

椎弓形成術 手術方法について

当院で通常行っている頸椎椎弓形成術の術式を骨モデルを用いて再現した動画です。

腰(胸腰椎)の手術の術式について

椎弓形成術

脊柱管狭窄症に対する術式であり、神経を圧迫している原因となっているところ(圧迫因子)を除去(除圧)することで症状の改善を目指す術式です。

除圧術のみで終わる場合と、除圧術と固定術とを併用する場合とがあります。

PELD(PED)

PELD(Percutaneous Endoscopic Lumber Discectomy)とは、8ミリ程度の細い管で内視鏡や器械を患部に向けて入れて、腰のヘルニアを除去する手術です。

非常に低侵襲で早期に社会復帰することが可能な点に特徴があります。

志匠会では、PELDをブロック注射と切開手術の中間に位置する治療方法と位置付けています。

BKP

BKP(Balloon Kyphoplasty)は、背中に小さく切開して、圧迫骨折により潰れた椎体の中に管を入れて椎体内で特殊な風船を膨らまし、その中に医療用のセメントを入れて、潰れた椎体を修復する方法です。

固定術 各種

後方進入椎体間固定術
(TLIF/PLIF)

後方より椎間板の間に補強材(ケージと呼ばれています)を入れて、医療用のネジ(スクリュー)で固定して、安定させる方法です。

前側方進入椎体間固定術
(XLIF)

前側方より椎間板の間に大きめの補強材(ケージと呼ばれています)を入れて、医療用のネジ(スクリュー)で固定して、安定させる方法です。

一般的な固定術(PLIF TLIF)より大きめの補強材を使用する点に特徴があります。

前方進入椎体置換術

潰れてしまった椎体の代わりに前側方よりチタン製の補強材を入れて、後方より医療用のネジ(スクリュー)で固定し、安定させる方法です。

主に曲がってしまった背骨のカーブを正常に近づける(矯正する)ために用いられます。

後側弯矯正骨切術
(PSO/APSO)

主に曲がってしまった背骨のカーブを正常に近づける(矯正する)ために、椎体をくさび形に骨切りし、背骨を伸ばして安定させるため、後方より医療用のネジ(スクリュー)で固定し、安定させる方法です。

胸椎の手術